30代開業税理士の独り言

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

 
よくあるご質問 カスタマイズ顧問契約 当事務所の特徴 税理士の選び方 税理士の活用方法
 

無料相談受付中

事前予約制となっておりますので、
ご予約のうえお気軽にご来所下さい。

電話で予約

06-6263-0331

メールで予約

お問い合わせはこちら

 

山村俊洋税理士事務所

〒541-0056
大阪市中央区久太郎町1丁目9番2号
エイトビル本町(丸栄ビル)3F

MAIL:info@zeirishi-yamamura.com
TEL:06-6263-0331
FAX:06-6263-0332

 

ブログ

2007年に大阪市中央区で独立開業した税理士。お客様とのコミニュケーションを第一に考え、信頼される税理士を目指しています。

 

課税根拠不明の税金

| コメント(0) | トラックバック(0)

お盆休みより本日から復帰したのですが、

休み明けそうそう嬉しくない「個人事業税の納税通知書」が来ていました・・・

 

毎年思うのですが、「何故事業をしているからといって事業税が課税されるのか意味不明です」

個人の所得税や住民税は一般の会社員の方と同じように課税されているにも関わらず、

何故、事業者には、事業税が別途課税されるんでしょうか?

 

失礼な言い方になるかも知れませんが、事業者の一人あたりの経済活動は大きいですし、

雇用も生み出していますので、社会には貢献していると思うのですが・・・

 

いつまでも支払わないで納税通知書を持っていると気分が悪いので、

本日納税してきましたが、なんとも釈然としない税金です。

 

ついでに固定資産税も課税根拠が私としては意味不明です・・・(笑)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.zeirishi-yamamura.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/49

コメントする

お気軽にご相談ください。TEL06-6263-0331